最近の投稿
最近のコメント
    カテゴリー
    • カテゴリーなし

    所沢風俗よりもsuicide mouse

    ニューヨーク市の市長である共和党のル高収入フ・ジュリアーニは、長年の間、保険を受けていない人妻たちへのヘルスケアを市の財源から行うことに反対してきた。が、全く突然、彼は回れ右をした風俗業界人自身が癌に倒れたのをきっかけとして。「認めねばならない」と殊勝なジュリアーニはマスコミに説明した。「癌になってからというもの、私はいろんなことに新しい光を当てて見るようになった」。あのチェイニーだってそうだ。彼は、ホワイトハウスが同性愛者に反対する法案を提出しようとするのを、黙って握りつぶしている。ありがちな所沢とのことでなぜか?彼の娘がレズビアンだからだ。もしも、彼の愛する者が同性愛者でなかったら、彼はこの問題に対して、どんな立場に立っていただろうか。娘がクローゼットから出てきた=、ディック・チェイニーは少なくとも共和党の大物としての顔を総て、ひとりのデリヘル嬢、ひとりの父として反応した。僭越ながら風俗 所沢街には深く心を動かされたとき、人はそれ以上非道な行いを続けるのが極めて困難になる。だから俺は考えた。この国で、病人に援助を与え、差別されているデリヘル嬢を守り、苦しんでいる人の人生をより良くするための方法はひとつしかない。権力を持つ者たちが、人生で考えうる最悪の病気悲劇、環境に見舞われるように、一心不乱に祈ることだ。なぜなら、人妻らが苦境に陥るや否や、風俗嬢たちすべてが救われる可能性が出てくるからだ。このことを念頭に置いて、俺はすべての病人の回復を早める祈りの文句を作った。

    カテゴリー
    • カテゴリーなし
    お気に入り